キャンプに欠かせない!人気!ペグケースのおすすめ9選【タイプ別】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、でんちゅうです。

キャンプでテント設営、タープを張る際に使うペグを収納するペグケース持ってますか?

こんな悩みありませんか?

悩み人

ペグケースって必要?付属の物で良いのでは?

悩み人

どんな事を注意してペグケースを探せばいい?

悩み人

おすすめのペグケースってある?

こんな悩みを解決します。

ペグの収納はテントに付属しているペグ収納袋にいれてる人が多いと思います。

ですが、付属の収納袋ってペラペラで薄いから破れそうだし、ペグってたくさんあると重いし、一緒に収納するロープが絡んで取り出しずらかったり、一緒に使うハンマーは同じ袋に収納出来なかったり。大変じゃないですか?

でんちゅう

ペグケースを持っておくと、そんなこともう悩まなくなりますよ!

ペグケースを持つことで快適なテント設営が出来るのでおすすめです。

この記事では、ペグケースが以下に必要なキャンプギアかを解説し、ペグケースを選ぶ際に注意した方が良い事、更におすすめのペグケースをタイプ別に紹介します。

是非参考にしてみてください。

目次

ペグケースって本当に必要?ペグケースが必要な理由

ペグケースって必要なの?実際要らないんじゃない?

でんちゅう

実際、無くてもキャンプは出来ます!いらないっちゃいらないです!

ペグケースを持ってない人もいます。

でも、今から説明する事で、少しでも楽になるかも!効率的!って思う方はペグケースの導入を検討してみてください!

ぼくはペグケースを購入してから、テント設営が楽になったり、結構高いペグも大事に収納できるようになったので購入して良かったな、と思ってます。

ペグケースは頑丈

出典:Amazon

テントやタープに付属しているペグ収納袋は簡易的に作られています。

ペグの先端は地面に刺しやすいようにできていることから、付属のペグ収納袋では使っているうちに破れたりしてしまいます。

ですが、ペグケースは頑丈に作られているので簡単には破れません。

収納袋が破れて、ペグが無くなったりしないようにしっかりとしてペグケースの導入を検討しましょう!

ペグ以外にも収納できる

出典:Amazon

ペグケースはペグ以外にも、ペグを打つ際に使用するハンマーや、テントを張るロープなどテントを張る際に使用する物を収納できる物が多いです。

ペグとハンマーとロープをそれぞれ分けて収納する必要がなくなるので、効率的にテント設営することが可能です!

収納袋だと、収納しきれないですし、ロープなど一緒に入れてペグと絡まって取り出すのがめんどくさい事になります。

収納を分けれるペグケースはとても使いやすいですよ。

ペグが持ち運びしやすくなる

出典:Amazon

ペグ数本であれば、付属の収納袋で事足りますが。

ペグ数十本、ペグハンマー、ロープなどを一気に持っていこうとすると持ち運ぶのが大変です。

さらに、大きなテントを立てる際、強風などの天候時には鍛造ペグなどしっかりしたペグを使用して設営するのですが、どうしてもペグが重いので持ち運びが本当に大変です。

ですが、ペグケースはしっかりした持ち手が付いているので、収納するペグが多くても、ペグハンマーを同時に入れても、持ち手のおかげで持ち運びしやすくなってます。

最近、ペグは消耗品としてではなく、しっかりした鍛造ペグ、チタンペグを持っている方が多い印象です。

鍛造ペグ、チタンペグは付属のピンペグとくらべて1本あたりの値段が数倍高いですが、一生モノとして頑丈なペグを購入する人も多いので、ペグを大事に扱う点から見てもペグケースは必須のキャンプギアとして活躍しています

ペグケースを選ぶ際のポイント!

出典:Amazon

ペグケースはいろんな形状や素材で販売されており、商品選びで迷う事が多いアイテムです。

ペグケースの選び方をできるだけ詳しく紹介するので、使用しているペグや一緒に収納したいものなど自分に合ったケースを選んでみて下さい

ペグケースのサイズは?

ペグケースを選ぶ際、最初に考えたいのが「サイズ感」です。

どれくらいの長さのペグを何本ペグを持っていきたいのか、一緒に入れたいハンマーのサイズやロープの本数などテント設営をする際に必要な物は入れておきたいと思うので、どれくらい収納したいかを想定してみてください。

ペグやハンマーのサイズを測っておくと選びやすいので事前にチェックしてみましょう。

ペグケースのタイプは?素材は?

ペグケースはいろんな形と素材があります。

大きく分けると3つ種類があります。

ペグケースの種類
  • ボックス型(長方形型)
  • ロールタイプ(巻き型)
  • 装着型(身に着け方)

ボックス型(長方形型)

出典:Amazon

ペグケースで主流なのがボックス型です。

ボックス型もソフトタイプハードタイプの2種類に分かれています。

簡単に説明すると

持ち運びを重視するのであれば「ソフトタイプ」
濡れても安心でガシガシ使用したい方は「ハードタイプ」といった感じになります

ソフトタイプ

出典:Amazon

素材としてはコットン素材の物が多く、伸縮性もあるので、ある程度のペグとハンマーを入れることができます。

多くのキャンパーさんは、この「ボックス型のソフトタイプ」を所持していて、人気の種類になります。

欠点としては、雨に弱いのと、詰めすぎると破れたりするの可能性も0ではなく、収納する物をしっかり選定して使用することをおすすめします。

ハードタイプ

出典:Amazon

素材がステンレスやスチール製の物が多く、防水性能が高いのが特徴的です。

ソフトケースに比べてどんな状況でもハードに使用できるので破れたりする心配はありません。

ただ、ハード素材故にペグやハンマーを入れて持ち運びすると収納している物が当たって、ガチャガチャ音がします。

それが嫌で使用していない人も多い印象です。

ロールタイプ(巻き型)

出典:Amazon

ロールタイプ(巻き型)は名の通り、帯状のケースを丸めて使用することが出来るケースです。

収納する物が少ない場合はこちらのタイプを使用するのが良いと思います。

広げた時に見やすく、本数も数えやすいので紛失時に気付けることが多いです。

コンパクトなキャンプを好む方であればとても使いやすいケースになります。

装着型(身に着け方)

出典:Amazon

装着型の特徴は、身体に装着するので作業がしやすい点が特徴的です。

すぐにペグやハンマーを取り出せるので、作業効率があがります。

ペグ以外にも収納できるか?

ペグケースを導入する際に、ペグだけではなく他に収納できるかも選定基準になります。

ペグといっしょに入れておいた方がいい、ハンマー、ロープも一緒に入れることが出来るのか?

ポケットは付いているか?などチェックしておくと後々助かります。

ペグケースの重量は?

ペグやハンマーを入れると、かなり重くなります。

その際にペグケース自体がかなりの重量があると持ち運びするのに大変になってしまいます。

ケース自体の重量も選定ポイントとしてチェックしましょう。

ボックス型のソフトケースが人気なのは、ハードケースに比べて軽いのが良いんでしょうね。

でんちゅう

ハードケースは頑丈ですが重いので持ち運びは少し大変ですから。

ペグケースの運搬性はあるか?

重量も大事ですが、そもそも持ち運びしやすいように持ち手は付いているか?

ペグケースの運搬性もしっかりあるか、確認しましょう。

持ち手が無いペグケースだと結局持ち運びしにくいので設営は大変になります。

ハンドルが付いていれば安心して持ち運びできますよ!

【人気】おすすめのペグケース(タイプ別)

では、実際におすすめのペグケースをタイプ別に紹介していきます。

今回は、ソフトタイプとハードタイプに分けて紹介しますので参考にしてみてください。

おすすめのペグケース【ソフトタイプ】

スノーピーク ツールケース マルチコンテナ M

出典:Amazon

ぼくも愛用しているスノーピーク ツールケース マルチコンテナ Mです。

見た目もかっこよく、生地も帆布素材でできているので頑丈。

サイズ的にも30センチ~40センチのペグを入れるのが最適でハンマーも入れれちゃうペグケース。

ポケット付きなのでライターやロープも分けて収納できるのでキャンプで大活躍しています!

商品詳細
  • サイズ:W440×H150×D160mm
  • 素材:6号帆布(パラフィン・PU加工)
  • 重量:約880g

レビュー記事も書いてるので参考にしてみてください。

DOD(ディーオーディー)スラッシュペグパカーン

出典:Amazon
出典:Amazon

DOD(ディーオーディー)スラッシュペグパカーンのペグケースは、パカーンと開くスラッシュ開口になっていてペグがとても取り出しやすい設計でおすすめ!

さらにペグケース内に2つのスペースが分けられているので、ペグの種類も分けて収納出来ます。

商品詳細
  • サイズ:(約)W35×D13×H17cm
  • 素材:2520Dポリエステル(撥水・防汚加工)
  • 重量:(約)520g

コールマン(Coleman) ペグケース

出典:Amazon

コールマン(Coleman) ペグケースは中が見やすいボックスデザイン。

色合いもおしゃれで家でも小物入れとして使える優れもの。

両サイドにはしっかりバンドル付きなので持ち運びも楽です!

商品詳細
  • サイズ:約 360 x 170 x 170mm
  • 素材:コットンキャンバス
  • 重量:(約)535g
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

asobito(アソビト) ツールボックス

出典:Amazon

水や汚れを気にせず使える綿帆布が採用された渋いペグケース。

綿帆布は、天然素材なので使い込むほどにでる風合いを楽しむことができます。

また、裏地にも防水帆布を使用しているので、ハードに使えるのも特徴的なケースです。

商品詳細
  • サイズ:高さ13.5×幅32×奥行12.5cm
  • 素材:100%綿帆布(天然素材)
  • 重量:560g

エリッゼ(ELLISSE) ペグ収納マルチコンテナボックス MK-CTN

出典:Amazon
出典:Amazon

人気の鍛造ペグ「エリッゼステーク」のメーカー村の鍛冶屋さんが出してるペグケース。

上蓋の内側にはロープなどを収納できるポケットが付いているので便利。

しかも、チャック付きなのでしっかり収納出来ます。

商品詳細
  • サイズ:(約)幅42×奥行15×高さ15cm
  • 素材:ポリエステル
  • 重量:783g

キャンピングムーン(CAMPING MOON) キャンバス生地 ペグ収納袋 ペグ収納ケース

出典:Amazon

キャンピングムーンから発売されている、ロール型のペグケース。

ハンマー1本、30センチまでのペグ10本、20センチまでのペグ10本を一括収納可能なケースです。

コンパクトに丸めて収納できるので、コンパクトなキャンプを好む人にはおすすめです。

商品詳細
  • サイズ:47 x 31 x 1 cm※開いた状態
  • 素材:6号帆布
  • 重量:210g

DOD(ディーオーディー) ペグマクハコブペグバッグ

出典:Amazon

DODから発売されている、装着型のペグケース。

腰につけることもできるし、ストラップを肩から掛けて使用もできる2WAY仕様のペグケース。

ハンマー船用のループも付いてるので、ハンマーも持ち運びできます。

また、サブポケットも付いているのでロープも入れれちゃうので作業効率が高いペグケースになります!

商品詳細
  • サイズ:(約)W170× D60× H330mm
  • 素材:帆布(コットン)
  • 重量:220g

おすすめのペグケース【ハードタイプ】

TRUSCO(トラスコ) 山型工具箱

出典:Amazon

工具箱として販売されているので、ペグやハンマーを入れて使用しても安心なアイテム!

蓋も山型になってくれるので、雨が降っても滑り落ちる設計!

商品詳細
  • サイズ:外寸(mm)間口×奥行×高さ:359×150×124
  • 素材:合金鋼
  • 重量:1.3Kg
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

GORDON MILLER ツールボックス 390

出典:Amazon

ガレージライフスタイルブランドGORDON MILLER(ゴードン ミラー)から発売されている、ツールボックス。

幅が39センチなので40センチのペグは入れることはできないが、武骨なデザインで男心をくすぐるアイテム。

内部にはトレーがあるので、ツールを分けれる点もありがたい!

商品詳細
  • サイズ:約W39×D18.5×H17㎝
  • 素材:スチールと樹脂素材
  • 重量:1.4Kg

まとめ:ペグケースは必須!便利に持ち運んで作業効率を上げよう!

付属のペグケースではいつか限界が来ます!

そこで、今回紹介したペグケースの選び方を参考に自分のアイテムを大事に収納してみてください!

ペグケースを購入してもきっと後悔しないはずです!

今回紹介したペグケースを再度貼っておきます。

でんちゅう

特におすすめはスノーピーク ツールケース マルチコンテナ Mです!レビュー記事も書いてるので是非参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【Oudget(アウトディゲート)】では、趣味であるキャンプに関する道具やアパレルについて、家でも外でも使えるガジェットについて『ユーザー目線』で商品の紹介をしています!

目次